運営

garakuta1 garakuta2

我楽田工房/Bono Inc.

本プロジェクトを主催するボノ株式会社は、2014年から「地域から新たに百年の価値を創造する」ことを目的としたプロジェクトでありコミュニティスペースである「我楽田工房
」を立ち上げ、地域から何かをつくりたい、始めたい若者を集め、ともに地域に埋もれている素材を見つけ、カタチ(価値)をつくる活動を開始。
2015年から地域と若者を繋ぎ、地域の仕事作りを応援する
「まち冒険プロジェクト」などを展開中。

我楽田工房(http://garakuta.tokyo/
まち冒険プロジェクト(https://machibouken.com/

会社名 ボノ株式会社(http://www.bono.co.jp/
代表者 代表取締役 横山貴敏
所在地 〒112-0014 東京都文京区関口1-29-6,1F
問い合わせ TEL:03-6228-0051 / FAX:020-4623-8691
Mail:問い合わせフォーム

矢田明子

矢田 明子(やた・あきこ)

株式会社CommunityCare 事業取締役 (HP)
島根県総合発展計画策定委員
雲南市立病院企画係保健師
NPO法人おっちラボ 代表理事 (HP
幸雲南塾1期生/幸雲南塾2代目塾長(2014-15年)

出雲市出身。2014年島根大学医学部看護学科卒。3児の母。

幸雲南塾1期で地域に飛び出す医療人材によるコミュニティ作りを提案。それを元に医療人材を含む町づくり関係者を体系的に育成するプログラムを確立。地区振興計画作りや新しい特産品開発販売、中山間地域での訪問看護事業開始に繋げている。2014年、幸雲南塾生の活動を支援するNPO法人おっちラボを立ち上げ代表理事に就任。

医療/保健/福祉分野だけでなく、産業/リノベーション/移住/プロモーション/住民組織/大学/行政など、多様な組織や個と連携したプロジェクトデザインを手掛け、市民の生涯現役の出番づくり(健康づくり活動)を行う。

◎参考記事(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/feature/CO012691/20150106-OYTAT50050.html


IMG_9501 IMG_8950

京都府綾部市

◆協力・フィールドワーク開催地
綾部市は、京都府の中央北寄りに位置する田園都市。美しい自然環境や豊かな里山・田園と農村の暮らし、平和と歴史・文化に彩られた市街地、ものづくりを中心とする多様な産業の集積、そして京阪神地域と日本海地域をつなぐ交通の要衝地であることなど、地方小都市ながらさまざまな機能や特性がバランスよく備わっています。 書籍「半農半X」の著者である塩見直紀さんの出身地としても有名。
我楽田工房が企画した地域と若者をつなぐプロジェクト「綾部・まち冒険」で大学生たちによるフィールドワークを実施したことで、今回のコミュニティナース育成プロジェクトが生まれるきっかけとなった。

本プログラムでは、地域を学ぶフィールドワークの場として綾部市の住民や医療関係者と交流する予定です。

綾部市・まち冒険プロジェクト(https://machibouken.com/
綾部市役所(http://www.city.ayabe.lg.jp/